この時期にある受験生の疑問とそれに対する回答 その2

以前にも投稿した、「この時期にある受験生の疑問とそれに対する回答」の第2弾です。前回の第1弾にお答えした後に、再びアンケートを取ってさらに出てきた質問です。

第3弾も近いうちに予定しています。

疲れた時は勉強を続けるべきか休むべきかわかりません。

疲れたときはひと息つきましょう。…と、高校2年生までなら確実に言うんですが、そうばっかりされても困るのが本音です。10分の休憩で勉強のスピードが劇的に改善するならそうした方がいいでしょう。ただし、特に国公立大志望者であれば試験が長いことが多いでしょう。特に理系、理系の理科や数学は、国公立大では150分(2時間半)程度がスタンダード、東工大など長い大学に至っては数学が180分なんて大学もあります。難関大では、東大などに代表されるように150分間常に手を動かし続けても時間配分がしんどい大学もあります(まあ、東大もここ数年は方針を変えていましたが戻しつつありますね)。

そして、さらに本音を書いておきます。僕の場合、休憩している暇はなかったです。僕の言葉より、最近読んだ本に書かれていたことがものすごく的を得ていたのでそれを引用しておきます。ちなみにここで取り上げるのは、予備校講師や東大生などの本ではありません。今は、勉強とは全然違うところで活躍されている方の本の中で、自分の受験生の時について言及されていた箇所です。

歩きながら勉強するなどしても普通の勉強量では到底追い付かなかったので、20時間以上にわたる勉強が常態化しました。(中略)こんな生活をしていたら体を壊すのではないかと考えましたが、ここで手を抜いたために満足のいく人生を失うことがあれば、それは体を壊したり死んだりするのと同じであり、無意味な休養は死と同等であると理解していましたので、迷いはありませんでした。

「神と呼ばれる鉄道YouTuberスーツの素顔」より引用

良い睡眠がとれる方法は?

大学生として、超長時間の睡眠時間をとった経験から言うと、長すぎると逆に浅い眠りになります。さらに、次の夜には寝られなくなり夜更かし、そして翌朝遅くまで寝ているという、負のスパイラルに陥ります。

したがって、睡眠時間は「長すぎず」取ることが重要です。まあ、それ以上に勉強をしようと思ったら超長時間の睡眠は取れませんが。

あと、最近知ったのは、「決まった時間になったら布団に入って寝るモードにする」というのはダメらしいです。無理くり自分を寝かすために焦りが生じてしまうらしい。ので、眠くなるまでひたすら勉強の耐久レースをすればいいでしょう。勉強しすぎて頭が疲れて、眠さを我慢して英単語を覚えて限界を超えてから布団に入って一瞬で寝ましょう。いい睡眠になると思います。ちなみに僕は受験生の頃、特に直前期は1日の睡眠時間が2時間半であり、良い睡眠など考えませんでした。三度の飯より勉強、であり、1日2時間半しか寝てないので疲れを取るためにかなり深い睡眠になっていたと思います。

問題を見たときに、1手目がわからない、または見当違いのことをしてしまうことが多いです。今からどんなふうに勉強すべきですか?

一旦、基本的な問題集に戻ってみては?例えばチャートとか、フォーカスゴールドとか。

こういった問題集は「最初の一手」や「典型的な考え方」をマスターするためにあります。例題だけでいいので確認してみるといいでしょう。

さらにそういう人にこそオススメしたい勉強が「1点集中突破型」の勉強です。1日で、長くとも3日以内にチャートなどの1分野を全てやってみてください。そうすることで、その分野の全体像が見えます。終わった時にもまだ、最初の問題の記憶が残っているので、終わった後に見返してみると「あ、こういう問題あったなあ」「こういう問題もあったなあ」となります。そうすることで、その分野で使うことができる“ツール”を見渡すことができるのです。

チャートは重すぎるという人はレベルに合わせて他の問題集を紹介しますので相談してください。ただし、前回も言ったように僕はあくまで「これをやれば伸びる」ということを紹介するだけです。他の科目が忙しく、数学の配点も高くないという場合などは一層のこと分野を絞って、残りの分野は捨てるという選択もありだと考えています。自分の、他の科目の勉強時間なども考えた上で、必要と思えば、いくらでも問題集は紹介しますので相談にきてくださいね。

受験

Posted by dolphin